全国サービサー協会について

理事長挨拶

 一般社団法人全国サービサー協会は、「債権管理回収業に関する特別措置法」に基づいて設立された債権回収会社(サービサー)の自主規制団体です。平成12年10月16日任意団体として全国サービサー協会を設立し、その後、平成21年4月1日に一般社団法人化しました。

 当協会は、サービサー業界における会員会社相互の協力と情報交換を図りながら、関係官庁、関係機関及び各種業界団体との連携のもとに、業界の適正な運営と円滑な遂行を図り、業界の発展と振興に関する業務を行い、以て国民経済の健全な発展に寄与することを目的としています。

 さて、当協会では2017年度の基本方針として、「サービサー業務を通じて、日本経済の再生に貢献する」を掲げています。

 サービサー法改正に向けた取組みの継続などの他、引き続いて、基軸を「社会的信頼の維持・向上」に置き、それを実現するための背景となる「コンプライアンス態勢の整備」に向け、自主ルールの徹底・定着に向けた継続的な取り組み、暴力団等反社会的勢力の排除活動に対する支援、関係法令遵守に関する取組などを中心とした活動を継続してまいります。

 今後とも、上記の基本方針に基づき、各種施策に取り組み、自主規制団体としての役割を果たして行く所存です。

平成29年6月30日
一般社団法人 全国サービサー協会
理事長 理事長 渡邉 宏実